月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子から、子どもが自閉症スペクトラム障害の診断を受けました。日々の暮らし・生き方を綴ります。

タラレバな話

私が発達障害を知ったのは、うみくんを出産するころだった。

 

うみくんを妊娠中に、もしかしたらうみくんにも遺伝する可能性があると

 

わかって産みました。

 

心療内科の先生と、面談する機会があり(元旦那との離婚問題をきっかけに旦那の相談にいったときに)、その時にもう子どもおろせない月齢?

 

と当然のように言われてすごくショックを受けました。

 

産む前に勉強して、障害を受け入れる覚悟を決めていました。

 

でも、もし私がもっと前に障害のことに気が付いて、自分も・・・と

 

思っていたら、私は弱虫なので、正直結婚していたかわかりません。

 

就職も尻込みしたかもしれません。

 

そして出産を選択したかどうかも・・・

 

それまで知らなかったおかけで、私は挑戦できたことも多かったように思います。

 

もしかしたら、うみくんに出会えなかったかもしれない。

 

でももっと早くに気づいていたら、家族に迷惑や心配かけなくてよかったのかなとか、

 

人と衝突しないで、傷つけず、傷つかずにいられたかな~と考えることもあります。

 

すべてタラレバです。

 

いいことも、わるいことも、表裏一体(*^-^*)

 

どんな選択も、その時自分が本気で向き合って決断したことなら、後悔は残りません!

 

自分の決断を応援してくれた周りの人にただただ感謝です☆彡