月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子から、子どもが自閉症スペクトラム障害の診断を受けました。日々の暮らし・生き方を綴ります。

ラン活が始まる

ラン活とは、ランドセルを選び、購入するための活動のことを言うらしい。

 

就活、婚活、妊活、保活、終活、墓活、朝活、と〇〇活が世の中にいっぱいある。

 

おとどし幼稚園探しに奮闘してやれやれと思っていたら、

 

まだ1年生になるまで2年あるのに、ランドセル(;・∀・)

 

私はランドセル年長の1年で決めればいいと思ってのんびりしていたら、

 

ラン活は年中さんの間にして、早い人は年中の1月、2月には購入を決めて、

 

多くの人が、5月ぐらいまでにラン活を終わらせるとか何とか。

 

確かにランドセルが近年多種多様で豊富なデザインが揃っていて

 

選ぶの大変そうだなとは思っていたものの、うちは男の子だし、

 

黒だし、迷わなくていいわと悠長に考えていた。

 

周りがもうランドセルのカタログを注文したと聞いて、

 

慌てて春休み気になる工房と、大手のメーカーのカタログをいくつか取り寄せました。

 

私がランドセルで優先するポイントは、

 

.................................................................................................................................................................................

★6年間保証

★軽いこと

★耐久性

★機能性(安全・大容量)

★シンプルなデザイン

★(フィット感)

★出来れば予算5万円台

...............................................................................................................................................................................

 

そこで調べていくうちに朗報が飛び込み、県民共済保険加入者には、

 

ふわりぃのランドセルが40%off以上で購入できるそうで(型や色は限られる)

 

6万超えるランドセルから3万円代から購入できるそう。

 

県民共済保険に加入していなくても、アウトレットセールで、2万5千円で購入可能!

 

型落ちデザインになりますが、アウトレットで楽天セールなど重なると2万以内で購入できることもあるみたいです。

 

そして900g~あり、どこよりも軽いこと。ただ、補償内容がもう少しというとこ。

 

上記の条件を全て満たしたのが、池田屋工房のランドセル。

 

とにかくシンプルで、軽くて機能的。工房なのにコスパも良し。

 

特に素晴らしかったのは、6年間保証。

 

他人に壊されても、自分で壊しても、無償修理。

 

修理期間中は代替ランドセルの貸し出しがあり、修理しても直らないものに関しては、

 

新しいランドセルをくださるとのこと😀

 

池田屋さんでなかったのが、ランドセルの反射板!?です。

 

学童などで帰りが遅くなる子は、必要かもですね。

 

そしてデザイン性、カラーの豊富さからいうと、土屋鞄さんのランドセルは、

 

洗練された美しさで、カタログを見ていて心躍りました。

 

せっかく土屋鞄で買うなら本革のランドセルかなと思うと、

 

重さと、予算の面でアウト(;・∀・)

 

同じランドセルでも、それぞれに特色、強みがあって、これは絞るのが大変。見たら迷いそう。

 

池田屋さんは県内にないので、新幹線か、車でドライブがてら一度店舗へ行ってみようと思います。

 

ふわりぃは、大手なので、イオンや、イトーヨーカドーなどで見られるかな!

 

うみくん本人が何を選ぶかなのですが!(^-^;

 

いい出会いがありますように☆彡

 

 


【アウトレット】ランドセル ふわりぃ【モール限定/ネット限定】プレミアムトラッド(パイピング) 女の子 型落ち アウトレット 2019年 日本製 A4フラットファイル対応 クラリーノ 大容量 人気 保証付き 軽量

 

 

土屋鞄のランドセル — 背中に、心に、優しい記憶を。

 

 

池田屋ランドセル【公式通販】 ~ぴかちゃんらんどせる~ (pikachan.com)