月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子から、子どもが自閉症スペクトラム障害の診断を受けました。日々の暮らし・生き方を綴ります。

程度は人によってそれぞれ。

初めての事、人、場所が苦手なうみくん

 

障害がなくても、大なり小なりみんな身に覚えがある。

 

少なからずドキドキしたり、初めてのことに異様にテンションがハイになって、

 

いつも通り平静を保てる人ばかりではない。

 

私も人前で話すとなると、顔が赤くなったり、

 

表情に出たりということはないようだけど(人から聞いた話)

 

心臓はバクバクで、体中が心臓になってしまったんじゃないかというぐらい、

 

全身が脈を打つほどド緊張している。(周りに伝わっていない💦)

 

時には食欲がなくなったり、お腹だって痛くなる。

 

でもどこで、その状態が起こるかは人によって違う。

 

性格も影響しているだろうし、経験からのキャパシティーもあるし、

 

得意不得意もあるだろう。

 

うみくんは、園で初めて水風船で遊ぶことになっていました。

 

水風船楽しそう~私もやったことないけど・・・!(^^)!と思っていたら、

 

見事にその日、うみくんはごはんが食べられず、腹痛。

 

でも、やってみたい、楽しみな気持ちはあるから、園には行きたい。

 

でも、初めての水風船が不安でしかたない様子。

 

『水風船は来年もあるから、今年はみんながやるのを見てみたらどう?』と聞くと、

 

『見ているうちに、水風船なくなっちゃうじゃん!』と激怒。

 

真面目か!とツッコミたくなるけど、とにかくやりたいのだ。本人は。

 

遅刻ギリギリで、何とか出かけていったのでした。

 

やったことがないことは不安なら、前もってやらせてみればいいじゃんという話かというと、

 

そうでもなく、家でやるにも、園でやるにも、初めてのものは不安で仕方がないのだ。

 

今回のように不安よりやってみたい気持ちが勝てば、なんとか参加してくれるけど、

 

苦手だったり、やる気の怒らない不安なものは、挑戦が難しいときもある。

 

水風船?そんなこと・・・・?って他人は思ってしまうけど、

 

人それぞれ不安の度合いも、緊張の度合いも、違うんだなぁ~と改めて思う。

 

話してくれないと、なかなか自分の物差しだけで測ると、

 

うみくんの不安に気づけないことも多くある。

 

去年は物心ついていなかったのか、初めてづくしだったわりに、こういった不安を

 

本人が感じて(認識して)、体調が悪くなったり、癇癪になることは少なかったなと思います。

 

色んな事が理解できるようになったからこそかもしれません。

 

人に寄り添うって想像だけでは、及ばないことがたくさんあるなと実感する毎日です!

 

さて、最近ダイソーで見つけたプチブロックがなかなかのクォリティー

 

驚きました。うみくんはショベルカーを選び、作ってみたら、

 

1時間ぐらいかかりました。よくよく見たら対象年齢12歳以上!

 

大人も手こずりながらなんとか完成。

 

ちゃんとショベルのアームの関節部分が曲げたり伸ばしたりでき、

 

ギミックもあって、素晴らしいです(*^-^*)

 

f:id:tukiko_umi:20210824092907j:plain