月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子から、子どもが自閉症スペクトラム障害の診断を受けました。日々の暮らし・生き方を綴ります。

人を見極める4歳の術

秋生まれのうみくんは、夏頃から、誕生日プレゼントを何をねだろうか

 

思案中のようだ(気が早すぎる・・・)

 

しかも、欲しいものをピックアップした、それを誰にお願いをするのか

 

適格に判断をして、誘い文句まで見極めている。(本当に4歳なのか・・・)

 

背中にチャックがついていて、チャックを下ろしたら、新橋のサラリーマンの

 

おじさんが出てくるんじゃないだろうか(大変偏見で、失礼いたしました。)

 

例えばおじいちゃんには、トミカプラレールを頼みたいんだけど、

 

おじいちゃんはギミックの多いスポーツカーや、働く車が好きだから、

 

そこを狙ってねだる。(買ってくれそうなものをお願いする)

 

そして

 

『これとこれがあると、一緒に遊べて便利だし、楽しいと思うんだよね』

 

(ちゃっかり2個セット買いを要望www)

 

私の妹は、バリバリのキャリアウーマンなのでお金を持っているのを知っているのか、

 

妹には自分の欲しい、少々お高いものをお願いしている。

 

そしてママには、ママはお金がなく(ケチ)なのを知っているのでwww

 

『ママ、ガチャ1回まわしてもいい?』

 

ガチャ1回200円の品をお願いしてくる。。。。

 

なんだか健気だけど・・・聞いてるこっちがひもじくなってくる(ToT)/~~~やめて~

 

ママお金持ちじゃないけど、もう少し買ってあげられるよ。と伝えると、

 

『じゃあ、恐竜のお財布がいい!』

 

またまたおもちゃではなく、実用品(*‘∀‘)

 

変なとこが機転がきいて、臨機応変な対応なので、普段のこだわりと頑固、

 

融通がきかないところは何なんだろうと思う(^-^;

 

子どもは大人が思っている以上に、よく周りのことを見ているし、

 

理解しているんだなと反省もこめて思った次第です(*^-^*)