月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子から、子どもが自閉症スペクトラム障害の診断を受けました。日々の暮らし・生き方を綴ります。

自己完結出来ないから、ヘルプをどうするか。

発達支援センターでこの間も相談していた際に、

 

『お友達と遊んだ時に、どうしても合わせてもらうことが多いように思うんですが、

申し訳なくて、集まりに参加しないほうがいいんじゃないかと考えてしまいます。

例えば参加するのであれば、私が事前にできる準備はないでしょうか?』

 

と相談しました。

昔から自分が困り果てていても、人に頼るのがとにかく苦手です。

あまり人に相談もしません。自分で自己完結したいと思っているのに、

うまくいかないことばかりです。人はやっぱり一人では生きていけないんだなと思うけれど、なるべく人に迷惑かけたくないと思っています。

特に職場で相談できず、一人抱え込んでしまい、上司に怒られることがありました。

頼っても極々親しい家族のような間柄。親友にさえ事後報告が多いです。

 

『そうですね。みなさん見ていると、赤ちゃんの時から知った中で、

ごめんね。と合わせてもらっていますよ。それでもOKって方と会っていて、

NOという人とは距離を置きながらお付き合いされています。』

 

そうですよね・・・・やっぱり。幼稚園でも先生に配慮して合わせてもらっている状態なのに、それが外でお友達の前で急にみんなと合わせて行動ができるわけないかと変な質問をしてしまったなと反省。

なんとか家庭の中で収めれることは、収めたい(自己完結したい)と思っているんです。

現実は、発達支援センター、幼稚園、心療内科といろんな機関に頼りながら、

支えてもらいながらやっていっています(*^-^*)

発達障がいは、周囲の理解が要です。重々理解しているものの、

周囲に頼るのがとても苦手です。

相手の許容範囲もそれぞれだし、どこまで頼って、どこまで相談したらいいのか、

そのさじ加減がわからないことが多い。

結果、よく理解してくれる人に100%を求めてしまって、

相手を疲れさせてしまう。この比重を多くの人で少しずつ分散できたらいいんだろうなと思います。それから自分でできること、そのスキルを磨き続けることも大事です。

 

なぜ、人に相談したり、頼るのが苦手なのか?

 

→①どのぐらい、誰に、何を頼ったらいいかがわからない(これが一番大きい)

 ②普段から迷惑をかけているのに、これ以上心配・迷惑をかけたくないと思っている

 ③自分のやり方でしか、出来ないのを知っているから相談できる人が少ない。

  (自分と似た特性・困り事を抱える当事者に相談しやすい)

 

どんな人に、相談しやすいのか?

 

→①言わなくても察してくれる人。(理解してくれていると思っている)

 ②発達障がい者、もしくは理解のある人。

 ③近しい人より、全くの他人のほうが相談しやすいこともある。

 ④日頃から肯定的に存在を認めてくれている人

 

どうしたら、人にヘルプサインを出せるようになるのか?

 

→①失敗を怖がらない。

 ②人に相談して上手くいったという成功体験を幼少期から積むこと。

  (自信をつける)

 ③ごめんなさいと、ありがとうを伝えるスキル。

 ④理想のハードルを下げる。

 

ソーシャルスキルを親子で身に着けて、自爆は避けたいなと思っています。

困り事は人に話さないと、その人が何に、どれだけ困っているのか、

周囲には伝わらないものです。早めに相談していたら、防げた失敗も多くあります。

職場などチームで動く場所では、特に些細な報告・連絡・相談・理解が重要になってくると思います。