月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子から、子どもが自閉症スペクトラム障害の診断を受けました。日々の暮らし・生き方を綴ります。

今週の読書♪

f:id:tukiko_umi:20211210103456j:plain

 

阿川佐和子さん初読みでしたが、とにかく面白かった☆

 

阿川さんと、担当編集者の男性が、世の人生相談に対談形式でのっているんですが、

 

軽快で、明るくて、でもちゃんと的を得ていて、鋭くて、笑いました(*^-^*)

 

それだけで元気がでますが、、、

 

生きるヒントがたくさん詰まっています!

 

個人的には、近所のコンビニの店員さんに惚れた男性のお悩みへの回答が、

 

可笑しくて、一番印象に残りました。

 

男性は近くのコンビニの店員さんのことを好きになってそうで、

 

バツ一、子持ちまで調べて、告白してうまくいかなっかたら、

 

もうそのコンビニに通えないので、困りますとのこと。

 

そのコンビニ以外に家の近くにコンビニがないそうです。

 

男性のお悩みものすごくよくわかるんですが、

 

阿川さんは、そもそもコンビニと女性どっち取りたいの??

 

ちょっと器が小さすぎますよと言い放ち、

 

そもそもコンビニがないと、生きていけないなんて言わないでと。

 

その他にも、認知症の母親を介護した経験のある阿川さんの、

 

介護や認知症という病気との向き合い方は、心に沁みるものがありました。

 

生きるピントという題名がまた秀逸で、心惹かれて手にとった本、

 

人生で最悪な出来事に出会ったとき、少し生きるピント(視点)を変えるだけで、

 

見えてくる世界が変化していくんじゃないかっと、

 

読んでて愉快で楽しい気持ちになりました。

 

命がある限り、あとの色々は擦り傷程度に思えてきました笑

 

この本を読むと、まだまだ笑って元気に生きていけそうです♪

 

では、素敵な週末を(*^^)v

 

 


アガワ流生きるピント