月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子から、子どもが自閉症スペクトラム障害の診断を受けました。日々の暮らし・生き方を綴ります。

リバース  ★湊かなえ

 

今週の読書は湊かなえ先生の『リバース』。

 

深瀬に初めてできた親友だった広沢が、大学の時に交通事故で亡くなる。

 

何年も経ってから、深瀬やほかの大学のゼミのメンバーに怪文書が届く。

 

深瀬は、親友の死に改めて向き合うこととなる。

 

広沢の高校の知り合いや、昔の友人に会い、広沢がどんな人間だったのか話しを聞いていく。

 

そして交通事故死だと思っていたが、事故の真相にたどり着く。

 

ドラマ化された作品のようですが、私は見ていなかったので、

 

最後まで怪文書を送りつけてきた犯人は誰なのか!?を追い続け、ページをめくると、

 

最後のページの最後の文で、全身の力が抜けました。脱力感がすごい。

 

初めてできた親友、大切な人を失った悲しみ。

 

最高の想い出の味がゆがんでいく。

 

豊潤なコーヒーの香りと、甘い蜂蜜の香りだけを残して、

 

自分の大切な人との記憶が、遠のいていく。

 

誰も悪くないのかもしれない。でも後悔が残る。

 

悔やんでも悔やみきれない。何とも言えない読了感。

 

湊かなえ先生は、読者を作品に引き込ませる力がすごいなぁと思います。

 

読む手が止まらないし、どんどん加速していきました。

 

人生もいい方向に転がっているときには、何をしてもいい方向へ行くけど、

 

その逆もまたある。良かれと思ってしているのに、何もかも仇になることが。

 

運命のいたずらと呼ぶのだろうか。

 

分かっていることは、時間は巻き戻せないということだけ。

 

いつもブログへ訪問下さり、ありがとうございます♪

 

今週もお疲れ様でした(*^-^*)

 

❒リバース

湊かなえ

講談社

 


リバース