月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子から、子どもが自閉症スペクトラム障害の診断を受けました。日々の暮らし・生き方を綴ります。

☆なわとびに変化☆

土曜日はお天気もよく、ぽかぽか日和だったので、

 

公園にでかけました!

 

最近は広い運動公園にでかけ、自転車も乗りながら、その中のいくつかの公園に移動して、

 

遊具で遊んだり、途中サッカーしたり、鬼ごっこしたり、なわとびしたりしながら、

 

2,3時間コースがお決まりになってきました(*^-^*)

 

もう少し温かくなったら、お弁当持って一日のんびり過ごしたいなと考えています☆

 

なわとびの練習はその中の10分ぐらいで、機嫌のいい時にそれとなく声をかけていましたが、

 

土曜日は、まだ遊具でも遊んでいないうちに、

 

『ママ、なわとび持ってきた?なわとびやりたい!』

 

へぇ~めずらしいことがあるもんだ!

 

うみくんからやりたいと言ったのは初めてじゃないだろうか??

 

するとまだトッテントッテン危なっかしい跳び方で、跳ぶたびに前進していくので、

 

20回跳ぶ終える頃には、遥か遠くまで移動しているうみくん😅

 

でもいつもよりスムーズだし、引っかからなくなっている。

 

一週間ぶりなのに、急に上達しているような・・・

 

『どうしたの?今日なわとびいっぱい跳べてるじゃん!』

 

『うん、幼稚園で毎日練習しているからさ!』

 

引っかからずに、跳べることがうれしいようで、

 

『ママ~なわとびって楽しいね~!!!』

 

😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭

 

 

私は、なわとびが出来るようになったこと以上に、その言葉が一番うれしかったよ。

 

最高のご褒美だ(*^-^*)

 

楽しいって、好きになる可能性だって秘めているし、

 

楽しいから続けられるし、頑張れるし、自信にもなる。

 

また小さな自信を得たのかもしれません。

 

なわとび跳べなくても、大人になれるし、他の事でも自信はつけることができる。

 

私はその視点も同時に忘れずにいたいなぁと思います。

 

乗り越えることも素晴らしいけど、時には回避して、違う道を探すのも一つ。

 

可能性は無限にあると心の隅っこに置いておけば、気持ちにゆとりが出来る。

 

不器用さも、大切なうみくんらしさなのですから☆

 

 

 

 

fabe社のメディカル枕

f:id:tukiko_umi:20220121105359j:plain

 

私は通販生活で見つけたのがきっかけで、通販生活で売り上げ1位なのだとか。

 

確かに何年経っても、通販生活のラインナップに君臨し続けているということは、

 

人気と実績があるのでしょうね😃

 

ここ数年ずっと気になっていました!!

 

というのも、数年前にめまいがひどく、脳神経外科でレントゲンとMRIを撮った際に、

 

脳に異常はなかったものの、まさかの首に異常が見つかりました😥

 

診断は・・・・

 

 

ストレートネック。

 

通常は、人間の首の骨は、湾曲しているんですが、

 

私はストレート、真っすぐなんです。これがめまいを引き起こしているかもと、、、

 

その他に肩こりや眼精疲労にも繋がっていると。

 

最近はスマホをする若者にも、ストレートネックが増えてきていると言っていました。

 

現代病??

 

めまいはほどなく、治まったんですが、枕が今までどこのを使っても合わず、

 

朝起きると、しばらく軽い首の痛みを感じていました。

 

枕が合わなくて、肩が凝り、夜中に目が覚めることが多かったんです!

 

このメディカル枕はイタリアなどのヨーロッパの病院で使用されている枕らしく、

 

なんとストレートネックの人にもおすすめと知り、ずっと気になっていたんです。

 

なぜ購入に悩んでいたかというと、

 

大きさ!!!

 

シングルベッドで寝ている私には少々大きいような気がして、、、、

 

 

f:id:tukiko_umi:20220121105501j:plain

 

縦45㎝×横75㎝というビッグサイズなわけです笑

 

今までどこの枕も合わなかったので、お値段もそれなりだし、

 

大きいしと躊躇していましたが、

 

10日間試して、合わなければ返品可能という文言が背中を押してくれ、

 

購入を決めました(*^^)v

 

やはりですね、大きくてはじめ不安を覚えました。

 

シングルベッドにはすっぽり収まるけど、なかなかの存在感。

 

今まで使っていた枕と比較しても、

 

f:id:tukiko_umi:20220121105840j:plain

 

こんな感じです。

 

使用して1か月が経ちました。

 

結果は・・・・

 

一言でいうと、すごくいい!!!!

 

☆寝つきが悪いタイプだったのが、その日から改善しました。即寝れます。

 ホテルなどで寝具が変わると一睡もできないタイプの私が即寝れました。

☆朝起きた時の首の痛みが、次の朝からなくなった。

☆夜中に起きなくなった。起きてもすぐに入眠できるようになった。

☆大きさがある分、寝返りしやすくなってかえって大きいことがメリットに。

☆枕の硬さも、硬すぎず、柔らかすぎず絶妙。

 そして高さが一部だけ沈みこむことなく、常に均一なところがすごい。

 

今のところデメリットはありません。枕も大きいわりにとても軽いです。

 

ただ、私の失敗談としては・・・・

 

このメディカル枕を注文すると、

 

枕カバーにこだわりなければ、白色のカバーが2枚付属でついています。

 

それを知らず、私は専用の枕カバーを2枚購入したので、

 

4枚になってしまいました(T_T)/~~~

 

私あるあるのオチがつきましたが、とても気に入っています(*^-^*)♪

 

では、よい週末をお過ごしください(*'▽')/

 

 

 

8時だよ!通販生活®メディカル枕(R)|【公式】カタログハウスの通販サイト (cataloghouse.co.jp)

 

 

 

はじめての保育参観♪

入園してからもうすぐ2年が経とうとしていますが、

 

ずっとコロナの影響で、保育参観はおろか、色々な行事も自粛することになり、

 

それでも年に大きな行事を5回、時間差や、人数制限をしながら、

 

先生たちが子どもたちの様子、成長が見られるように時間を設けてくださったことに、

 

本当に感謝しています(*^-^*)

 

今回もギリギリ(コロナ第6派)はじめての保育参観に行くことができました!

 

たまたま体育の日でした。(外部の先生が講師に来てくれる日)

 

体育何やるんだろう??とちょっと心配しながら見守っていました(^-^;

 

すると友達と遊びながら、ストレッチだったり、

 

「だるまさんころんだ」だったり、なんだか楽しそうと、ホッとしながら見ていると、

 

『2人組を作って~』

 

『3人組を作って~』

 

『4人組を作って~』

 

と先生の声。うみくんは、毎回アタフタ💦あぶれることもあり、

 

先生がお友達を一緒に探してくれる感じに(*^-^*)

 

本当は誰でもいいんだけど、誰とペアになっていいか分からない様子。

 

私もこれ苦手だったなぁ~と苦い記憶が蘇る。

 

ペアが出来た後、お友達が座って、足をのばして座っているところを、

 

ジャンプで飛び越えるというもの。

 

これにはヒヤヒヤしてしまった。

 

そもそも足2本分を飛び越えれるのか????ジャンプが苦手なうみくん

 

心配になり、お友達の足を踏んでしまわないか不安な私。。。

 

うみくんにはだんだん高度なメニューになってきている。

 

そのあとは閉じていた足を広げて、そこを、ジャンプで往復する課題が、

 

スピードは誰よりも遅くて、周りの子どもたちの運動神経に、

 

私も打ちのめされた感じでした笑

 

うみくんもずいぶん成長したと感じていたけど、

 

周りはもっと早いスピードで身体能力が上がっていて、

 

その差に驚くばかりでした。

 

その後も片足ケンケンで移動(走る)があり、うみくんはその場で2回できるぐらいなので、

 

移動はできないし、スキップもできないしで、

 

幼稚園の体育も、もうすでにうみくんの今のレベルに合わず、

 

ついていくのに大変そうだなぁと感じました(*´Д`)

 

きっとこの差って、成長とともに広がっていくように思うんです。

 

今回保育参観を見ることが出来、来年の小学校への準備、

 

どういう支援につなげるかを考えるいいきっかけになりました☆彡

 

人よりもゆっくり成長していっているんだなぁ~ということを再確認しました(*^-^*)

 

まるで時間の流れが、まったく違う世界にいるかのように。

 

でも確実に成長しています。

 

焦らず、比べず、うみくんのペースにあった場所を、

 

その都度、選びとることが大切なんだと感じました(*^^)v

 

 

 

 

習い事の興味を持ち始める

うみくんの通う幼稚園は年少さんから、保育時間中に、習い事を希望する子は、

 

幼稚園内もしくは、定型している場所へバス送迎付きで、

 

園の友達と一緒に習えるシステムがあります(*^-^*)

 

親としては行きの送りがない分、とても助かるシステムです!

 

年少さんのときは、幼稚園に慣れるので精いっぱいだったため加入せず、

 

年中さんは、園の生活には慣れてきたけど、本人が毎週通うのはいやだと、希望せず。

 

最近は、ようやく習い事に興味を持ち始め、やってみたいことが色々あるようだけど、

 

次の日になると、やりたい習い事が変わっている状態😅

 

本人も、ものすごく”これじゃなきゃ”というものはなさそうだけど、

 

お友達と何かしたいという気持ちは芽生えてきている様子。

 

うみくんは、なかなか新しいことに挑戦することを、背中を押しても、

 

躊躇なく躊躇するタイプなので笑

 

できるだけ本人のやってみたいという気持ちを大事にし、応援したいと思っています😃

 

園の習い事は1年単位なので(継続は可能だけど、年の途中でやめることができない仕組み)、

 

それを本人に説明しつつ、ゆっくり春までに選んでね~と伝えました(*^^)v

 

とはいえ、サッカーがやりたいという日もあれば、英語がやりたい、

 

ダンスもいいなぁ~と目移りしてばかり🤣

 

来年は年長で、たった1年なので、身に着ける、習得するという目的ではなく、

 

園でお友達がいる中で、一緒に習い事をして、習い事も楽しいなと思えれば、

 

次、外部での習い事へのハードルも少し下がるのかなぁ~と私は期待しています!

 

今のところ、本人の中で決まっているのは、

 

発表会があるもの(人前にでるもの)は嫌ということだけ笑

 

どうなることやら(*^-^*)

 

基本は本人の、やりたいことをやらせてあげたい。のですが、

 

例えば運動面やコミュニケーションに極端に苦手を抱えているうみくんに、

 

サッカーをしたいという気持ちに、背中を押していいのか悩んだりもします💦

 

得意なことなら心配しないのですが、どちらかと言えば苦手分野。

 

発達障がいの子は苦手を埋めることよりも、

 

得意を伸ばして、生かして!と言われることもあり、親としては悩みどころです。。。

 

周りについていけるのか?友達と比べて、自信をなくさないか?と

 

次から次へとネガティブ感情が生まれてきてしまいます(+_+)

 

たとえ下手でも、本人が好きであれば問題ないですが、

 

これも本人次第!やってみないと分からないからこそ、悩ましいです<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

なわとび大会の結果(年中)

幼稚園で、年中さんから毎年3学期になるとなわとび大会が始まります。

 

ひとり3回ずつ行われ、前跳びがどれだけ跳べたかを記録する大会です。

 

年中さんは40回連続で跳べると賞状がもらえ、年長は100回連続で跳ぶと賞状がもらえます。

 

うみくんは、冬休み10日間練習したときは、まだ1度も跳べていませんでした。

 

 

 

なわとび大会の結果は・・・・

 

 

 

 

なんと3回!!!!!!

 

 

 

先生が3回とカウントしてくれたみたいです(T_T)/~~~

まだ、リズミカルに跳べずトッテントッテン危なっかしい跳び方なのですが、

生徒の頑張りをカウントしてくれたようです☆彡

先生も、冬休み前は縄も回せなかったのに、びっくりしていたそうで、

どうやって練習したの?と聞かれたそうです。

うみくんは、『新聞紙をまいて練習したんだよ~!』

と話したら、先生がなるほどね~先生もお家でやってみるね~と話していたそう(*^^)v

 

とはいっても、3回という記録ははクラスで最下位の方だったようですが( *´艸`)

 

よく頑張りました!!!

 

一番飛べた子は80回を超えていたそうです(*´▽`*)すばらしい!!!!

 

年長になったら10回跳べるようになりたいね~と目標を立てておりました☆彡

 

なわとび大会は終わりましたが、遊びにいくたびに、

 

なわとび練習は少しずつ続けています^^

 

継続は力なり!

 

やればできる子!

 

あきらめないことが大事!

 

失敗は成功のもと!すなわち失敗はない。

 

これを合言葉に、何事も少しずつ挑戦してみる気持ちを大事にしています😆

 

 

tukiko-umi.hatenablog.com

 

 

 

1枚の紙から工作してみよう

手先の不器用さや、想像する力が弱いうみくんは、

 

『自由に自分のつくりたいものを作りましょう!』は、

 

わーい!やったぁ!という気持ちより、

 

『どうしたらいいの?』

 

『なにを作ればいいの?』

 

仮に作りたいものが本人にあっても、それがどうしたら出来るかを想像し、

 

考えるのが苦手です(+_+)

 

工作に関しては、手順を説明されて、やるほうが分かりやすそうです。

 

そんなうみくんに、難しい課題を出してみた。

 

母は、挑みましたよ笑

 

うみくん、一枚の紙で、作りたいものを作ろう。今から一緒に工作しよう。』

 

自由にさせていたら、最初に出来た作品は、

 

f:id:tukiko_umi:20220117103424j:plain

 

恐竜と内臓を描いたらしい。草を食べて消化している絵なのだとか。

 

よくよくみると足を切って張っていたりしている。

 

最初の作品は、

 

①クレヨンで絵を描く

②ハサミで形どうりに切る

③小さなパーツをテープではる

 

という手先の動作・作業が見られます。

 

その横で私も恐竜を作っていたのですが、なんとなく立体作品に挑戦し、

 

それをみていたうみくんも同じものを作りたいと言い、一緒につくることに。

 

出来た工作第2弾は、

 

f:id:tukiko_umi:20220117103853j:plain

 

ちょっと立体的な恐竜。

 

1枚の紙でどうしたら恐竜に見えるかな~って二人で相談しながら作りました。

 

①紙を切る

②紙を筒状にまるめる

③テープではる。

④紙を折る

⑤クレヨンで色を塗る

⑥そしてそれぞれのパーツを組み合わせる。

 

筒状に折る紙の幅も自分で決めて、判断する作業が加わりました。

 

そしてテープもただ貼るだけではなく、両面テープの役割を担うべく、

 

ループ状にまるめたテープを作りながら、使いました。

 

f:id:tukiko_umi:20220117104245j:plain

 

ちょっと工夫するだけで手先を使う作業が増え、難しいものに挑戦したという達成感を

 

感じられたようです(*^-^*)

 

その後は一人で、第3弾を作っていました😄

 

f:id:tukiko_umi:20220117104431j:plain

 

トレーラートラックだそうです!これは私は一切手伝いませんでした。

 

タイヤはさっき同様、筒状に紙を丸めて作っています。

 

すごいっと思ったのは、ちゃんと後ろから荷物を入れられるようになっているところ、

 

シャッター?まである笑

 

少しずつだけど、進化してきています(*^^)v

 

運動面と工作(手先の作業)にも、ようやく本人が楽しみながらできるように

 

なってきたので、少しずつこれから遊びに取り入れていきたいなぁと思います( *´艸`)

 

 

読書の時間♪

f:id:tukiko_umi:20220114120349j:plain

 

久々に涙が止まらない小説でした(ToT)/~~~

 

流れてくる涙を拭いながら、目が真っ赤になるぐらい泣きました。

 

同性愛者が、幸せな家族を作ろうとするお話。ありのままに生きようとするお話です。

 

泉と草介は血のつながった親子で、離婚歴あり。

 

千代子と娘の宝も実の親子で、未婚のシングルマザー。

 

泉と千代子はお互いを愛し合い、深い家族の絆に結ばれ、結婚も、好きな人の子どもさえも

 

産めないけれど、かけおち同然で一緒に暮らし始める。

 

同性愛者であることを隠さず、自分の気持ちに正直に生きようとする母親二人。

 

草介は優しい性格の男の子で、離婚して離れた父への想いに蓋をして、

 

そして結ばれることのない好きな人への想いにも蓋をしながら、

 

自分の気持ちに嘘をつきながら生きる。

 

それは家族のことが大事だから、家族を一番愛しているから、

 

みんなの幸せを守りたいから。

 

そのためには、自分の気持ちに素直になるわけにはいかなかった。

 

草介の好きな人は、母親である泉と同じ人だったから。

 

お互いへの愛を包み隠さない、素直に生きている母たちの横で、

 

自分もそうありたいと願いながらも、いられない自分を隠しながら。

 

同性愛ということもあって、周囲に理解されるばかりではなく、

 

時には嫌がらせを受けたりすることもあったが、

 

母たちも、子どもたちも負けなかった。

 

どんなときも強い愛情で結ばれていた4人。

 

幸せで穏やかに流れる時間の中で、千代子が病気になり闘病の末他界する。

 

その後すぐに草介も事故にあってしまう。

 

4人いつも一緒だった家族、その時間が突然バラバラになってしまう。

 

くじけそうになるも、前を向いて、一歩踏み出し始めるお話です。

 

家族ってなんだろう?血がつながっているから家族?

 

お互いを愛しあっているから家族?

 

男性と女性が結婚して、子どもを産んで、それが正しい家族の在り方のような

 

社会の常識があるなか、本当の家族とは?親子とは?大切なことは何か?

 

と考えさせられる一冊です(*^-^*)

 

草介はきっと、家族が素直にありのままに生きれば生きるほど、隣でそっと

 

傷ついていたのかもしれない。

 

それでも一番に守りたかった、一番大切なものが草介にとっても家族だったのだと思う。

 

後半は涙が止まりませんでしたが、読んだ後、心がすっきりと澄み渡るような、

 

心地のいい読了感に包まれました。優しい言葉が胸に沁みる作品です。

 

《作:小川糸 出版社:集英社

 

 


にじいろガーデン (集英社文庫)