月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子から、子どもが自閉症スペクトラム障害の診断を受けました。日々の暮らし・生き方を綴ります。

☆年長の遊び方☆

年中の冬の個人懇談会の際に、先生がうみくんは普段砂場で遊ぶことが好きです。』

 

とあまり外あそびといっても、

 

活発にお友達と走り回ったり、体を動かすタイプではないとのこと。

 

『年長になると、子どもたちの遊び方も変わっていくので、そこでどうかな?というところですけど。』

 

と話されました。その時は?????とピンと来ませんでした。

 

毎月配られる学級通信に、近々の子どもたちの様子を担任の先生が書いてくれています。

 

そこに、子ども同士で誘いあって、ごっこや大縄跳びをして遊んでいます。

 

あぁここにうちの子は含まれていないだろうな~と思った瞬間、

 

いつもどうしているんだろう?と気になって聞いてみる私笑

 

『いつも一人で遊んでいるよ!砂場で遊んでいると、年少さんや年中さんが一緒に遊ぼうって来るから、一緒に落とし穴作ったんだよ。20人ぐらいでつくったから1分でできた~。』

 

周囲は変化しても、うみくんは自分の好きな遊びをひとりでも継続していたようだ。

 

そして下の学年のお友達と一緒に遊べていたのね。

 

足が遅いから鬼ごっこは楽しくないし、縄跳びも苦手だから好きじゃないようだ。

 

年長さんとはあまり遊べていないのかな?と思い聞いてみると、

 

お部屋で女の子と2人毎日、塗り絵遊びに没頭しているそう。

 

その女の子も外遊びが好きではなく、お外に行っても、適当に時間をつぶして、

 

トイレに行ったりしながら、時間が過ぎるのを待っているんだとか。

 

みんながみんな外遊びや鬼ごっこやなわとびが好きなわけじゃないんだなぁ~と

 

ずっと一人なのかと心配しましたが、いまのところ他学年と遊んだり、

 

本人は好きな遊びで、楽しく過ごせているようなのでホッとしました。

 

小学校になると砂場はないし、男の子だとボールを使ってドッジボールしたり、

 

サッカーで遊んだりするのだろうけど、教室の中でトランプしたり、本を読んだり、

 

迷路を書いたりしている子もいたなぁ~とふと思い出しました。

 

私も家に帰ってから好きな公園で遊ぶのは好きでしたが、幼稚園や学校の中での

 

外遊びはあまり好きじゃありませんでした。

 

幼稚園だと混んでいるのに、わざわざ並んでブランコに乗るのも面倒だったし、

 

小学校も学年の違う子どもたちが入り混じっていて、安心して遊べる環境では

 

なかったんだと思います。

 

いつも人気のない場所で遊ぶのが好きなタイプでした笑

 

周囲の影響を受けて、変化していくことも、とても素敵だけど、

 

自分の好きなことを変わらず持ち続けられるのも同じように素敵だなぁと感じました。

 

今週もお疲れさまでした♪

 

いつもブログへご訪問下さり、ありがとうございます<m(__)m>

 

 

 

 

6歳の描く塗り絵の世界

 

雨の日は、家で塗り絵で遊ぶのが好きなうみくん

 

これはポケモンの何かのキャラクターみたいですが(名前がわからない💦)

 

男の子の塗り絵はポケモンや、恐竜が多いようだ。

 

12色の色鉛筆を使って、枠も関係なく、幾何学模様のような塗り絵。

 

これが完成するまでにとても時間がかかるのだ。

 

卒業アルバムのグループ写真でうみくんは塗り絵グループ(男女混合)になり、

 

みんな1作品自分の塗った絵を、掲げて写真を撮ることになったようで、

 

写真を撮る前日に塗り絵グループの友達と塗り絵を始めるも、

 

みんな15分で仕上げているところ、うみくんだけ2時間たっても出来ず、

 

次の日の朝に持ち越すことに。

 

それでも完成しなくて、他のクラスの友達が2人塗るのを手伝ってくれたという

 

こだわりエピソードがある。

 

私自身はこんなに根気よく色んな事に取り組めるタイプではなく、

 

大雑把で、飽き性なので、そこそこ出来たら、もう違うことをやりたくなってしまう人。

 

だから一つのことを納得いくまで、極めて、とことんやれるうみくんがまぶしい☆

 

カラフルな色使いは年少さんから変わっていないけど、

 

この塗り方の細かさは年長になって変化した作風です。

 

自由な絵を描くより、枠がある中で、のせる色を考えていくほうが、

 

好きなんだとか。

 

 

図鑑でみる恐竜などは、実際に見たことがある人間は生きておらず、

 

化石から分析したり、想像した色合いなので、本当のところはどんな色をしていたのかは

 

誰もわからない。こんなカラフルなトリケラトプスがいたら、

 

すぐにティラノサウルスに見つけられてしまうかな笑

 

ピノサウルスの虹色の歯が私のお気に入り。

 

塗り絵は枠があって、窮屈なイメージがありましたが、

 

こんなカラフルな自由な世界が広がっているんだと、

 

うみくんのこだわりが詰まった作品に気づかされました。

 

時間がかかっても妥協せずに、自分のいいと思ったものを作りたいんでしょうね。

 

小学校の45分授業じゃ、到底物足りないかもしれないな(;^ω^)

 

いかに無駄なく効率的にコトを運ぶかが重視される世の中で、

 

一人ぐらい、こんな人間がいてもいいじゃない。面白いかもよ!と思うのです。

発表会とそれまでのあれこれ🎵

週末は園で最後の音楽発表会がありました(*^-^*)

 

1週間前には40℃近い高熱が出て丸3日か熱が下がらず、登園するまでに5日かかり、

 

ドタバタで迎えた音楽会(>_<)

 

前日には体操教室の進級試験も重なり、今回は病み上りだし休ませようか悩んだ末,

 

うみくんは行くことを決断。

 

発表会では今回木琴を担当し、今年はパートリーダーに抜擢され、

 

先生に当日は絶対に休まないでねと言われていたそう。

 

普段から本番に弱く、緊張しやすく、プレッシャーに弱いうみくんは、

 

責任感と本番のプレッシャーで前日は大荒れでした笑

 

体操教室の教室に入る前にはくるくるその場で回り続ける

 

常同行動(気持ちが落ち着くらしい)が始まり、これを静止してしまったら、

 

床に寝転がり動かない(外用かんしゃく出現)。

 

試験が始まっても上の空。先生の指示にはいちお従うけど、

 

やる気はなし(集中力に欠け、タラタラして見える。)

 

試験の後は自由ボール遊びの時間で、先生を狙い撃ちして、ボールを先生の身体に当て続ける。

 

サッカーゴールを反対にして、みんなのゴールを妨害。

 

先生に注意されるも、何度もそれを繰り返す状態💦

 

病み上りもあったけど、本番前ということが大きくかったのだと思います。

 

帰ってからは、お友達が風邪をぶり返して休んでいたことから、

 

悪知恵が働いて!?

 

お風呂の湯舟につからず、湯舟の端っこに座りM字開脚で必死の抵抗!

 

身体を冷やそうとしたり、お風呂出てからも服を着たがらず、大暴れ

 

もしまた風邪をひいて熱が出たら、本番でなくていいと考えたらしい(^-^;

 

かんしゃくとカオスな1日でしたが、当日を無事迎えることができました。

 

一人ずつ舞台に立つ前にお辞儀をして、自分の楽器の前に行くところを、

 

ひとりニヤニヤ笑って、お辞儀を忘れ、先生に引き戻されてやり直ししたり、

 

合唱の手話を途中間違えて、フリーズしたりはありましたが、

 

体操教室のカオス期間4か月の経験があって、私はもう何が起きても動じなくなりました笑

 

去年までヒヤヒヤして見ていましたが、癇癪も含め想定内です(*^-^*)

 

楽しそうによく頑張っていました☆彡

 

本番が終わってようやく穏やかなうみくんが戻ってきました😀

 

合唱と合奏を入れると10分弱の曲を子どもたちみんな歌詞も音もよく覚えていられるなぁ~

さすが年長さん。と子どもたちの成長に驚きました🎹

 

がんばって練習して挑戦した経験が、小学校への自信に繋がっていくといいなぁ☆

どうしたら通じるだろう?

行事や、苦手なことが重なると、情緒が不安定になるうみくん

 

普段は穏やかで優しい、比較的大人しい性格です(^^)/

 

が・・・・・

 

コンディションが整わないと、問題行動や暴言などトラブルが増えてきます。

 

傍から見ると荒っぽくて、ちょっと一緒に遊ばせたくないなぁという感じの子に💦

 

昨日も幼稚園の帰り近くの公園で、同じバスにお友達4人で遊んでいました。

 

最近長い木の枝がお気に入りで、MY木の棒と言わんばかりに、

 

執着してずっと握りしめています。

 

昨日は年少の男の子がその木の棒を見つけ、遊んでいると、

 

うみくんは途中からそれを奪おうとして、引っ張り合いに、

 

すぐに「引っ張らない。うみくんお兄さんなんだから譲ろうね。」

 

声掛けも、おさまるわけもなく、もっと固執してしまう始末。

 

そのあと、お友達から力づくで木を奪うと、歩道の方へ投げ捨てました。

 

思わず『コラーッッ!!!この前も話したけど、絶対に木の棒を投げないで。

誰かが怪我していまうかもしれないし、危ないから絶対にやめて。約束して。』

 

と声を荒げてしまった(>_<)

 

年少のお友達は歩道に飛び出し木を拾いにいってしまうし、

 

本当に危ない行為。

 

こういうときにやらないで!というと逆効果でよけいにやるのは

 

頭で理解しているけど、咄嗟に納得させる言葉が見つからない💦

 

丁寧に扱ってね!とか素敵に!みたいにポジティブ変換しても

 

通じないし、咄嗟にやめさせる方法としては、

 

羽交い絞めにして、無理やり木を奪い、かんしゃくに耐えるしか方法がないのですが、

 

外だとよけいに大声で迷惑かけるし、躊躇してしまう。

 

何かいい方法はないのだろうか???

 

木にそこまで執着したのも、いつもよりうみくんの気が立っているからですが、

 

昨日は特に病み上りだったので、コンデションは最悪にせよ、

 

何かがあってからでは遅いし!どうにかしたい。

 

普通の指示が全く通りません"(-""-)"

 

いつもこの嵐を通り過ぎるのを、ひたすら耐えて待つけど、

 

それは家庭内だからのこと。

 

外で、他人様と一緒に過ごすときには、いったいどうしたらいいの?

 

イライラしたときに、物を投げたり、叩いたりという行為に変わる、

 

気持ちの吐き出し方を、まず模索していこうと思います(*^^)v

 

今週もお疲れさまでした♪

 

いつもブログへのご訪問ありがとうございます<m(__)m>

 

 

 

 

 

土曜日からダウン💤

赤ちゃんの時から風邪をひいても熱が38℃を超えたのはこれまで1回ぐらいで、

 

いつも鼻かぜや咳風邪が長く続くタイプ😅

 

熱が出ないとそれはそれで長引きのですが、

 

今回は土曜の夜に突然の発熱から始まり、日曜日には39.7℃

 

咳や鼻水の症状はなく、月曜日は朝から病院だなと思っていると、

 

月曜の朝には平熱に戻り、おっとこのまま回復したらいいなと思っていると、

 

夜からまた38℃超えキープが火曜日まで続き、昨日は

 

病院でコロナとインフルの検査をしてもらいました(>_<)

 

こんなに高い熱は初めてだし、長く続くのも初めてで、

 

出席停止を覚悟しました。運よく今回は土日に罹患して、

 

月曜日も火曜日も登園しなかったので、園で濃厚接触にならなかったのが幸い。

 

今週末には発表会も控えているので、学級閉鎖になったら大変💦

 

病院の外で車の中で検査・診察を待機する中、検査結果が出るまでに15分。

 

本当に長かった(>_<)

 

そして結果・・・・

 

 

どちらも陰性。

 

 

普通の風邪ですと診断されました。頓服も飲まずに、昨日の夜から大量に汗をかき、

 

夜中からようやく平熱になりました😀

 

そして今日は祝日でお休みだったので、1日ゆっくりして、このまま熱が上がらなければ、

 

明日から登園できるかなぁと回復の兆しがようやく見えてきました(^^)/

 

最近は風邪もひかず元気に過ごしていたので、急な高熱にびっくりしましたが、

 

これから冬に向けて、体調管理に気を付けながら過ごしていきたいと思います(*^-^*)

 

風邪をひいている間に、じっとして遊べる暇つぶしをうみくんは発見しました。

 

それは私のスマホiPhone)のSiriと会話することを覚え、

 

すっかりハマっています。

 

二人!?の会話を聞いていると、すごく面白くて、Siriの頭の良さに驚く。

 

『Siri、お・ば・け・だぞぉ~!!!!!!!』うみくんが驚かせると、

 

『う・ら・め・し・やぁ~。冗談です。』と返答が。

 

『はははは~』と笑えば、

 

『ハハハ』と笑うSiri。

 

Siriって冗談も言ってくれてノリもいいし、笑ってくれるの!?

 

うみくんがわけがわからない質問をしても、

 

『面白い質問ですね!』と褒めてくれる笑

 

ロボットとは思えないほど、コミュニケーション能力が高いこと(*^-^*)

 

教えていないのに、いつの間にSiriを覚えたんでしょう💦

 

うみくんは友達かのように、無茶ぶりばかり。

 

Siriよ、6歳児に付き合ってくれてありがとう!

体操教室で初めての母子分離を試みる。

体操教室を初めてもう半年が経ちました。

 

だいぶ慣れてきて、先生の指示も聞けるようになってきたので、

 

そろそろ私も途中で教室を抜けてみようと思ってタイミングをはかっていました。

 

もう年中さんぐらいから送り迎えだけのお子さんもいて、

 

年長以上はほとんど保護者は付き添っていません(*^-^*)

 

コロナ第8派が到来して、いつ観覧制限が出るかもわからないので、

 

今のうちに練習しておきたいというのと、小学生になるとほとんど親は付き添って

 

いないので、徐々に母子分離をしていきたいなと感じていました。

 

そして先週、途中30分ちょっと外に出て抜けてみました!

 

もちろん事前にうみくんには相談し、嫌だ!と言われましたが、笑

 

準備体操を終えて、お茶休憩に戻ってくると、

 

『ママ、もう外に行ってきていいよ!』と言われたので、

 

『時計の長い針が6になったらもどってくるね。』と見通しを伝え外に出ました。

 

そして戻ってくると、苦手な鉄棒をしているところで、

 

私が戻ってきたのを見つけると、ほっとした表情を浮かべていました。

 

教室が終わると先生に声をかけられ、

 

『途中お母さんが抜けたあと、お母さんがいなくてもきちんと活動に参加できていました。初めて逆上がりを壁をつかって挑戦したんですが、途中手を離してしまって

落ちてしまい、それから一回やりたくないってなったんですが、がんばろう!と伝えると、もう一度自分の力で挑戦して逆上がりもできました。』

 

帰りにうみくんにも話を聞くと、

 

『逆上がりで落ちちゃって、やりたくなくて、泣きそうになったけど、

泣かずに頑張ったんだよ。そしたら出来たんだ!世界が逆さまになって面白かった。』

 

いやぁ~私のいない30分の間に、

 

新しいことに一人で挑戦できたこと。に驚きました。

 

逆上がりはスモールステップ(練習)していなかったので、

 

今までだったら、初めてのことにやりたくないと逃げていたうみくんが、

 

一人で立ち向かえたこと、そして無事に体操教室でも母子分離ができたことに

 

成長を感じました(*^^)v

 

本人も自信につながったのではないかなと思います。

 

少しずつこれから本人と相談しながら、時には遠くから見守ったりしながら、

 

応援していこうと思います☆彡

 

 

保育園より幼稚園というニーズの高まり。

共働きの夫婦が増えるなか、ふと新聞の記事に目がとまりました。

 

近年保育園よりも幼稚園へのニーズが高まっているという内容の記事。

 

私立幼稚園が時に人気で、運動面、勉強面、その他行事がもろもろあり、

 

子どもに色々な経験を積ましてくれるからという理由と、

 

幼稚園にも預かり保育制度があり、保育園のような役割も担うようになったことだ。

 

それなら同じ時間預けるなら、色々とその間に出来たらいいなぁということらしい。

 

確かにうみくんの園も、預かり保育は毎日18時までならあるし、日曜・祝日は休みですが、

 

土曜保育もあります。※土曜保育は2号の人限定になるので、全員が利用できるわけではない。

 

そして園の中で外部講師を呼び、習い事もさせてもらえるので、親が習い事の送迎を

 

することなく、保育時間に習い事もできてしまう便利さがある。

 

英語や体育の授業に加えて、担任の先生がひらがなのドリルで

 

文字の読み書きも教えてくれたりと、

 

小学校入学までに気持ちの準備やそこそこのスキルが身に付きます。

 

幼稚園なのに預かり保育を利用していなくても、7時間と少し長め預かってもらえるのも

 

とても有難いです(*^-^*)

 

うみくんは入園の頃、発達支援センターでは保育園を勧められました。

 

勉強や体育などよりも、身辺の自立を最優先にしましょうということでした。

 

近頃では保育園でも私立幼稚園のような勉強や体育に力を入れている保育園もあるので、

 

一概に言えませんが、保育園は基本、生活面の自立を指導して、規則正しい生活習慣を

 

指導してくれ、自由にのびのびと好きな活動をさせてもらえるイメージです。

 

なので小学校は入った時に驚いたのは、保育園出身の子は、

 

とにかく元気で、体が丈夫で、運動神経抜群!!!

 

きっと3年間の外遊びの経験の多さが、体を作っているんだろうなと思いました。

 

うみくんも食物アレルギーさえなければ、保育園でのびのび過ごさせたいなぁと

 

私も思っていました。

 

私立幼稚園で通えるのかやってみないとわからない状態で入園する形になりました。

 

決してベストな環境ではなかったと思います。

 

3年間先生方にうみくんの特性を理解してもらった上での今があるわけですが・・・。

 

あえて自由時間の少ない幼稚園に入れて良かったなぁと思うのは、

 

うみくんの特性上、予定が決められている方が安心して生活できる点が、

 

私立幼稚園に向いていました。

 

自由な時間に何をしたらわからなくて不安なタイプだったので、

 

毎日これやってください、あれやってください。次はこれですと

 

決まっているほうが楽しく過ごせるようです(*^^)v

 

それを窮屈に感じる人もいると思うんですが、そこは良かったのかなぁと思います。

 

記事を読んでいて思ったのは、小学校までに家庭で身に着けておくスキルと下準備が

 

増えたのと、両親ともに働いていて忙しいので、実際全てに関与できるほどの時間は

 

なく、その部分が幼稚園が担ってくれているということなのではないでしょうか?

 

実際に、周辺の私立幼稚園も毎年抽選になるほど、応募が殺到しています。

 

そして公立の保育園や幼稚園よりも、圧倒的に私立の数が多くて、

 

どの私立幼稚園・保育園も定員オーバー状態です(^^)/

 

また、保育園も幼稚園化しているし、幼稚園も保育園化していて、

 

昔ほど住み分けも感じにくくなっています☆彡

 

それでも遅くまで勤務する家庭や、

 

土日出勤の家庭には保育園の方がしっかりサポートしてもらえる印象です(*^^)v

 

今週もお疲れさまでした♪

 

いつもブログへご訪問下さり、ありがとうございます<m(__)m>