月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子の日常をせきららに綴ります

大好きな工作が、嫌いになった理由。

先日、朝からご飯を食べず、イヤイヤ発動しました。

 

叱らず、とにかく、前向き抱っこをして、話をきいてみると、

 

『今日は曇りだから、幼稚園行きたくない。』

 

『そっか、じゃあ休もうか。』

 

『そういうことじゃない。』

 

『なんで、曇りだと行きたくないの?』

 

『七夕飾りがいやだ。』

※天気が悪いと工作や製作をすることが多い

 

『なんで?工作好きなのに。』

 

『全部自分でやらないといけないから。むずかしくてできない。』

 

と話しながら、泣き出しました。

 

 

『そっかぁ、もしできなかったら、そのまま持って帰っておいで。ママと一緒につくろう』

 

『うん。』

 

『ママが先生に電話してみよっか?先生に手伝ってもらうのはどう?』

 

『うん、電話して。』

 

なんとか、幼稚園のバスに乗せ、先生に電話することにしました。

 

というのも、つい先日、発達支援センターで臨床心理士さんと面談していた際に、

 

うみくんは、手先が不器用なので、工作とかかんしゃくになりませんか?』

 

『いいえ。今までそんなことはありません。』

 

『そうですか、家ではどうですか?』

 

『家では、不器用なわりに、完璧主義なのところがあるので、自分の理想が叶わないと、かんしゃくを起こします。』

 

『だとしたら、幼稚園でかんしゃくが起きていないということは、うみくんが我慢しているってことですよね。先生に一度サポートをお願いしてみてはどうでしょうか?』

 

と言われたばかりだったのです(-_-;)

 

すぐ先生に電話でお話しました。すると、

 

『前回、製作の時に、ねむいと言って、机にふてて、作業が出来ませんでした。

いつもと違う様子がありました。でも、今日は絵を描いたり、色を塗ったり、楽しい作業なので、大丈夫かと思いますが、今後も製作や行事の際には、気をつけてみます。』

 

との言葉をいただきました。

 

そして帰ってからも先生からお電話があり、今日の様子はどうでしたか?と丁寧な

 

お電話を頂きました(*^-^*)

 

年少さんの時には、絵を描くぐらいで、はさみを使ったり、糊を使って細かい作業、

 

構成は先生が全部行ってくださっていたようで、

 

年中さんは、またできることが増えてくるので、子どもたちの成長に合わせて、

 

作業する内容も高度になってきていて、

 

うみくんには、それがまだ難しく、サポートが必要だったようです。

 

生まれた時から、色んな成長がゆっくりなうみくん

 

でも発達障害の子も、ゆっくりでも確実に成長し、前に進んでいます。

 

そのスピードが少しゆっくりなだけです。

 

今後も先生に相談しながら、サポートして頂ける面は園でもサポートしてもらいながら、

 

うみくんには、たとえ完璧に出来なくても、一番じゃなくても、大丈夫を少しずつ、

 

教えていきたいなと思います(*^^)v

 

f:id:tukiko_umi:20210621111843j:plain

 

グラマシーニューヨークのクリームインチーズケーキ(いちご)を

 

甘党の方にお勧めされ、お取り寄せしたら、

 

すごく美味しかった(*^-^*)

 

旅行したり遠出もできないので、美味しいものをちょこっとお取り寄せして、

 

家族で楽しんでいます☆彡

 

パッケージもいちごのつぶつぶww

 

 


【GRAMERCY NEWYORK】クリームインチーズケーキ・苺 [CCS-12]

金曜日の本 *吉田篤弘

f:id:tukiko_umi:20210618092500j:plain

 

吉田篤弘さんの作品に初めて触れたのは、クラフト・エンディング商曾だったと思う。

 

独特の感性で描く、その世界感に一瞬で心奪われた覚えがあります。

 

金曜日の本は、タイトルと、吉田篤弘さんの名前を見て、

 

どんな本なんだろう?と一層興味がわきました(*^-^*)

 

読んでみるとほとんどがエッセイで構成されていて、

 

音楽で例えるなら、A面ではなく、B面。

 

B面だけを集めた、純粋なB面集といったところ。

 

A面は、キャッチーだけれど、飽きやすい。

 

B面は聴き込めば聴き込むほど、好きになる。

 

読めば読むほど味がでる。そして何度読み返しても飽きない。

 

一週間の疲れを、流してくれつつ、楽しい休日に誘ってくれるような

 

そんな一冊です(*^-^*)

 

ゆるゆるしていて、金曜日の夜にぴったり★

 

今週も一週間お疲れさまでした♪

 

良い休日をお過ごしください(^^)/

 

 

 


金曜日の本 (単行本)

YouTubeとの付き合い方

テレビを見せるか?見せないか?

 

はあまり問題にあがっていないように思うのですが、

 

YouTubeを見せるか?見せないか?

 

ここは意見が分かれているように思います。

 

うちはというと、テレビはほとんど見なくて、

 

YouTubeは毎日20分程度見ています。

 

テレビで見ているのは、ピタゴラスィッチと、ダーウィンが来た!のみ。

 

ちなみにテレビを見た日は、ユーチューブはなしと決めています(*^-^*)

 

YouTubeはというと、吉本の芸人さんでで2児の母である、

 

鈴川絢子さんのYouTubeを好んで見ています。

 


www.youtube.com

 

鈴川絢子さんは、電車や乗り物が大好きなそうで、同年代のお子さんも登場して、

 

いろいろな鉄道だったり、博物館、駅だったり、プラレールトミカを中心に

 

紹介してくれる番組です(*^-^*)

 

うちは20分までという制限と、ユーチューブをテレビにつないで、

 

大きな画面で見るようにして、夜ごはんが済んだあとと決めています。

 

見るチャンネルは相談の上、わたしからOKが出たものの中から、本人が選んでいます。

 

YouTubeのいいところは、

 

★見たいときに見られる。

★自分の興味のあるものを探してみられること。

★時間が比較的短いものが多いこと。

★プレゼン能力がつく!?

 

最後のプレゼン能力というのは、ごっこ遊びなのですが、

 

自分で遊んでいる時に、番組進行するように、

 

おもちゃの説明や、リポートをしてくれるようになりました!

 

そして最近、面白いなぁと思ったのは、

 

かならずユーチューバーさんが最後に、

 

『ちゃんねる登録はこちらです。いいねボタンお願いします。』

 

みたいなセリフを言うんですが、

 

いいね👍ボタンの形を、うみくんグッドボタンと呼んでいて、

 

『グッドボタンお願いしま~す!』と言っておりました笑

 

幼稚園でもYouTubeを知っている子、知らない子それぞれなんですが、

 

みんなでYouTubeごっごをして、毎日クラスの様子をおもちゃのマイクを持って

 

紹介しているそうです笑

 

テレビもYouTubeも、どうしても受動的になりやすいですが、

 

インプットして、そのあとアウトプット出来ていたら、

 

いいのかなと感じています(*^^)v

 

 

 

過集中のあとの体調不良

先月から大ボリュームの仕事が入っていました。

 

集中しないと出来ない仕事で、

 

在宅ワークの私は、

 

本来、注意があちらこちらに飛びやすい特性を抑え込んで、

 

といっても、無理しているわけでも、

 

我慢しているわけでも、

 

ストレスを貯めていたわけではありません。

 

好きな仕事だったので(*^^)v

 

集中しているときは、家族の話し声も聞こえないし、

 

テレビの音も入ってきません。

 

ただただ無です(周囲の音は)

 

頭の中はものずごい勢いで、いろいろな情報が飛び交っていますが・・・

 

今日、ようやく一段落したんです(*^-^*)

 

と同時に胃腸が痛い&吐き気(;゚Д゚)急激な体調不良に悩まされています笑

 

何か集中し始める、終わるまで、走り続けてしまいます。

 

ずっと頭の中がそれだけになります。

 

後のことは、上の空といったところでしょうか(^-^;

 

寝ても覚めても仕事でいっぱいでした。

 

そういう時は、休んでいるつもりでも、休めていないようで、

 

終わるころに、原因不明の体調不良に悩まされ、

 

ひどいと数日寝込んでしまいます"(-""-)"

 

まるで子供みたいです笑

 

やれやれ~パーと飲みに行くか!とか、

 

よし!遊びにいくか!が出来ません😅

 

打ち上げの頃には、もう廃人!

 

さて、しばらく腑抜けた感じで、のんびりやってこうと思います😂

楽しみ<不安 

今日から、園で水遊びが始まりました(*^-^*)

 

年少さんの時はビニールプールだったんですが、

 

年中からは大きなプールになります。(場所も変わります。っていっても園内ですけど・・・)

 

楽しみにプールの準備も前日に終えていたんですが、

 

ここで、楽しみ < 不安 の構図が出来上がります。

 

なにが不安って、去年とは違うプールになったことでしょう。

 

そしてまた違うクラスのメンバーと、水着も新調したので、

 

こうした小さな変化に敏感な息子くん。

 

朝、食欲不振。。。。&気持ちの切り替えに時間がかかりグズグズ。

 

『無理しなくていいよ。休んでゴロゴロしてよっか(*^-^*)?』

 

『いやだ!いく。』

 

『わかりました。手伝いますね。』

 

『はい、おねがいします。』

 

なんとか、送り出しましたが、帰ったら緊張した分、腹痛かな(-_-;)

 

私も学校でのイベントとごとが、ことごとく苦手でした。

 

子どもなら、みんな楽しみにしている行事がいやだったなぁ。

 

 

 

遠足→車酔いするし、遠くにいくのにプレッシャーだった。雨降れ!って祈っていた。

 

運動会→運動が苦手な私にとって、運動会は見せなくていいはずの知らない

    保護者にまで公開処刑状態と思っていました笑 

    雨になれー!とこちらも祈ってました。

学芸会→学校では一言も話せないぐらい大人しかった私。

    舞台の上で、大きな声を出せるわけないだろう!!怒

 

ラソン大会→練習も、本番もとにかく嫌だった。裸足で地面を走るのが苦手だった。

 

でも好きなイベントもありました。

 

写生大会→絵を描くのは好きだったから。勉強したくなかったから、うれしかった。

 

合唱コンクール→音楽は好きで、歌が好きだったので、

        声は相変わらず小さかったと思うけど、

        ソロパートがあるわけではないので、問題なし(*^-^*)

 

うーんあとは思い出せません。

 

基本は、いつも通り何もない日が、一番でした。

 

なにも刺激がないように思われるかもしれませんが、

 

私は外(学校)に刺激を求めてなかったと思います。

 

どちらかというと、飽き性で、ある程度刺激は求めますが、

 

あくまで外(学校など)ではなく内側で。

 

自分が楽しめる範囲のことに、刺激を求めるタイプでした。(新しいことや、挑戦。)

 

楽しみより不安が勝ってしまうのは、これから長く付き合ってくことに

 

なるだろうなと思います(*^^)v

 

できることを、できるだけで、やってみる、スタンスで行こうと思います!

『嫌だ』を話してくれた週末♪

ちょっと心配を手放して、うみくんを信じて、

 

幼稚園でのあれこれを聞くのをやめてみた先週!

 

週末になって急にうみくんから、愚痴を吐いてくれるようになりました☆彡

 

それは唐突に、突然に始まりました(*^-^*)

 

『ママ、幼稚園で嫌なことが100個あるんだよ。』

 

『そんなにたくさんあるのか(;゚Д゚)それは大変だ・・・』

 

『うん、あのね、絵を描くときに、みんな同じテーマなのがいやだ。うみくんは自由に描きたい。機関車が描きたいの。』

 

『うん、そうだよね。機関車好きだもんね。』

 

『だけどさ、みんな同じのを描きなさいと言われるのが嫌だったから、職員室に行って、園長先生に絵を自由に描きたいです。って言いに行ったんだよ。』

 

(;゚Д゚)

 

『えっ!?なんで園長先生に言ったの?担任の先生には話した?』

 

『ううん。だってさ、園長先生が全部決めている人でしょ?だからだよ。』

 

『まぁ、そうね。それで園長先生は何て?』

 

『はい、わかりました。って言っていたよ。』

 

『それでありがとうございました。って言った。』

 

『これから自由に絵を描いてよくなったよ!』

 

社会人だったら直属の上司を通り越して、社長に意見を通すのは、

 

社会性としてはタブーだけれど、効率的ではある!

 

4歳よ、怖いもの知らずよあっぱれ(*^^)v

 

恐れ入りました!

 

自分の意見を人に伝えて、提案して、ちゃんとお礼を言えたことは褒めました。

 

それと同時に、変更できないルールや、守らないといけないルールがあること

 

(例えば法律で定められていること、交通ルールなど)を伝え、

 

それはきちんと守りましょうと伝えました!

 

それにしても、担任の先生も、園長先生も、小学校に上がることを想定して、

 

今から少しずつ指導して下さっているはずで、それが難なくこなせる

 

お友達もたくさんいる中で、自由に描くをOKにするのは、

 

先生方や、園の方針から悩ましい部分がきっとあるはずです。

 

どうしたものか、、、、(^-^;

 

f:id:tukiko_umi:20210614114912j:plain

 

f:id:tukiko_umi:20210614114940j:plain

 

大好きな機関車を何の裏に描いているのかというと、

 

自分が食べた、

 

f:id:tukiko_umi:20210614115034j:plain

 

アレルギーオフ(※豚肉は入っています)のアンパンマンカレー(*^-^*)笑

 

 


【4種まとめ買い】永谷園 アンパンマン ミニパック4種セット(ミートソースポーク・野菜あんかけ丼・カレー ポークあまくち・ハヤシ ポーク)各1個

発達障害に対しての受け止め方(家族)

一緒に住む家族には、うみくんの特性だったり、発達障害への知識、

 

発達支援センターでの面談の話を、

 

その都度、報告・連絡・相談を欠かさないようにしています!

 

昨日ブログに書いた面談の話も、さっそく帰宅後家族へ報告しました。

 

 

tukiko-umi.hatenablog.com

 

それぞれ受け止め方は色々です。

 

うみくんの祖父は、つまり私の父は、

 

報告のたびにちょっとイライラされます。

 

うみくんは、普通の子だよ。』と受け止められない様子。

 

今後も普通の学級で過ごして欲しいと願っているし、

 

鍛えればいいじゃないか(訓練)という考え。

 

発達障害の本やテレビも一切見ません。

 

そうね、私もうみくんしか育てたことないし、

 

私にとっても、うみくんそのままが、普通だと思っています笑

 

でも、一歩外へ出た時に、うみくん本人が困っていたり、

 

困難な状況になっている現実があります。

 

そしてそれは訓練して治るものではなく、あくまで対処の域であることも

 

理解しています。また、本人がとてつもない努力をしていることも。

 

私は、診断や知能テストでの数値も、正直どうでもいいのです。

 

変な言い方ですが、診断されても、されなくても、

 

うみくん本人が、笑顔で安心して過ごせる環境を作ってあげたい。

 

うみくんが、うみくんでいられる場所が、一番という考えです!

 

そのために診断が必要なら受けたいし、

 

学校に、行きたくないなら行かなくてもいい。

 

あくまで診断は付属でしかありません。

 

私はというと、自分も同じような傾向があったので、

 

葛藤なく、すんなり受け止めることができました。

 

自分もその”普通”というワードに苦しんできました。

 

例え何か出来ても、出来なくても、あなたの存在自体がもう素晴らしいのだよ。

 

ということを、伝え続けたいと思っています(*^-^*)