月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子から、子どもが自閉症スペクトラム障害の診断を受けました。日々の暮らし・生き方を綴ります。

発想が面白い(*^-^*)

先日、幼稚園の懇談会で、クラスの後ろの壁にお絵描きが飾ってあったんですが、

 

うみくんの幼稚園ではクラスが色で分かれています。(例:赤組、青組みたいに。)

 

そのそれぞれの組のカラーにちなんで、野菜や果物、乗り物、何でもいいんですが、

 

クラスカラーと同じ色のモノを見つけて、絵を描きましょうとなっていたようで、

 

うみくんも、大きな白い画用紙の真ん中に、

 

小さく、組のカラーの丸い球体がグルグルと一つ描かれていて、(多分野菜か果物)

 

その球体の横になぜか、、、、自分のフルネーム(平仮名)を書いて、フルネームを

 

組のカラーで囲んでいました。

 

最初は名前が書きたかっただけだと思ったんですが、

 

ようするに、自分の組のカラーのものを見つけて描く課題に対して、

 

自分もその組の一員だから、自分の名前を書いたよう笑

 

他は何も書かず、なんとも寂しい余白が広がる絵だったのですが、

 

それ以上浮かばなかったようで・・・・

 

そのアイデア発想が、私には思いつかなかったので、面白いなって思いました(*^-^*)

 

f:id:tukiko_umi:20210519100243j:plain

 

今ちょうどこの本を読んでいるんですが、美術を13歳から苦手意識を感じる子が増えるそうです。

 

美術の評価の仕方がわからないのと、(算数のようにきっぱり答えが出ないもの)

 

 絵がうまく描けないからという人が多いのだとか。

 

でも実は絵を上手に書くためのテクニックが大事なのではなくて、

 

『自分なりのものの見方・考え方』を持って、

 

『自分なりの答えを導き出す』ことが重要なのだとか。

 

私はうみくんに絵を教えませんでした。(とにかく好きな色で、好きなものを自由に描いてごらんとだけ。)

 

幼稚園では、人を描く時には髪の毛は黒で書いてね、口は赤だよと先生に教わるそうで、

 

うみくんの幼稚園で描いてくる絵と、家で描く絵が全く違うものが仕上がってきます。

 

まるで絵のバイリンガルみたいに(*^-^*)

 

美術にも、正解も、不正解もありません。

 

これからもただテクニックや、知識だけを詰め込むのではなく、

 

感じて、考えて、自分なりの答えを見つけ出し、表現の芽を育てて欲しいなと

 

自分なりの『おもしろい』と思うことを選択してほしいなぁと思いました☆彡

 

 


「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考 [ 末永 幸歩 ]