月子と海くん★発達障害を生きる★

発達障害グレーゾーン親子から、子どもが自閉症スペクトラム障害の診断を受けました。日々の暮らし・生き方を綴ります。

はじめての保育参観♪

入園してからもうすぐ2年が経とうとしていますが、

 

ずっとコロナの影響で、保育参観はおろか、色々な行事も自粛することになり、

 

それでも年に大きな行事を5回、時間差や、人数制限をしながら、

 

先生たちが子どもたちの様子、成長が見られるように時間を設けてくださったことに、

 

本当に感謝しています(*^-^*)

 

今回もギリギリ(コロナ第6派)はじめての保育参観に行くことができました!

 

たまたま体育の日でした。(外部の先生が講師に来てくれる日)

 

体育何やるんだろう??とちょっと心配しながら見守っていました(^-^;

 

すると友達と遊びながら、ストレッチだったり、

 

「だるまさんころんだ」だったり、なんだか楽しそうと、ホッとしながら見ていると、

 

『2人組を作って~』

 

『3人組を作って~』

 

『4人組を作って~』

 

と先生の声。うみくんは、毎回アタフタ💦あぶれることもあり、

 

先生がお友達を一緒に探してくれる感じに(*^-^*)

 

本当は誰でもいいんだけど、誰とペアになっていいか分からない様子。

 

私もこれ苦手だったなぁ~と苦い記憶が蘇る。

 

ペアが出来た後、お友達が座って、足をのばして座っているところを、

 

ジャンプで飛び越えるというもの。

 

これにはヒヤヒヤしてしまった。

 

そもそも足2本分を飛び越えれるのか????ジャンプが苦手なうみくん

 

心配になり、お友達の足を踏んでしまわないか不安な私。。。

 

うみくんにはだんだん高度なメニューになってきている。

 

そのあとは閉じていた足を広げて、そこを、ジャンプで往復する課題が、

 

スピードは誰よりも遅くて、周りの子どもたちの運動神経に、

 

私も打ちのめされた感じでした笑

 

うみくんもずいぶん成長したと感じていたけど、

 

周りはもっと早いスピードで身体能力が上がっていて、

 

その差に驚くばかりでした。

 

その後も片足ケンケンで移動(走る)があり、うみくんはその場で2回できるぐらいなので、

 

移動はできないし、スキップもできないしで、

 

幼稚園の体育も、もうすでにうみくんの今のレベルに合わず、

 

ついていくのに大変そうだなぁと感じました(*´Д`)

 

きっとこの差って、成長とともに広がっていくように思うんです。

 

今回保育参観を見ることが出来、来年の小学校への準備、

 

どういう支援につなげるかを考えるいいきっかけになりました☆彡

 

人よりもゆっくり成長していっているんだなぁ~ということを再確認しました(*^-^*)

 

まるで時間の流れが、まったく違う世界にいるかのように。

 

でも確実に成長しています。

 

焦らず、比べず、うみくんのペースにあった場所を、

 

その都度、選びとることが大切なんだと感じました(*^^)v